パーパス、ビジョン、ミッション

パーパス(存在意義)

Human Centered Design(人間中心の制度設計)によるHuman Capital Development(人的資本開発)推進で、労働者福祉と中長期的な企業価値を向上させること

ミッション(使命)

一つでも多くの企業に、次の事柄をご納得いただき、企業の成長戦略に反映し実行していただくこと。

  1. 中長期的な企業価値向上への王道は無形資産の増強であること。
  2. 無形資産の源泉は人の能力であるため、無形資産増強のカギはHuman Capital Development(人的資本開発)にあること。
  3. Human Capital Development(人的資本開発)には、人材の採用定着育成の効率化が必要であること。
  4. 採用定着の効率化には、一人一人を尊重すること、すなわちHuman Centered Design(人間中心の制度設計)が重要であること。
  5. Human Centered Design(人間中心の制度設計)の最も重要な部分は、「ビジネスと人権」への真摯な取り組みであること。

ビジョン(将来の理想像)

  1. 「ビジネスと人権」に関するセミナーを通じて、その有用性を普及すること
  2. 人権デューディリジェンスの伴走支援を行うこと
  3. 「ビジネスと人権」に関する国際的潮流の変化をいち早くつかみ、クライアント企業に伝えること
  4. 定量的指標を用いて、人権尊重状況の改善が採用定着育成の効率化に資することを示すこと
  5. データを活用して、採用定着育成の一層の効率化支援を行うこと